クラウドバンクの口座開設。投資するまで最短3日。

クラウドバンク 口座開設

クラウドバンクって最近よく耳にするけど、実際はどんな感じなんだろう?
口座開設ってどんな手続きなのか、いろいろ手数料がかかるのか。

近くに支店がある金融機関と違って、直接窓口で相談できないので心配です。

気になるクラウドバンクの口座開設の手続き方法、手数料、お得な入出金のコツ。
みなさんのクラウドバンクへの疑問を解決できるように調べました。

これを読めばクラウドバンクの口座開設がどのような手続きなのか、入出金の流れまで知ることができます。

目次

クラウドバンクの口座開設・会員登録やってみた

必要書類を準備する

クラウドバンクの口座開設は、銀行などの口座開設と同じ流れです。

まず、必要書類を用意します。

  • 本人確認書類
  • マイナンバー確認書類
  • 銀行口座の記載されたもの

この3つです。

本人確認書類

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード
  • 健康保険証

などが利用できます。

それぞれ、現住所の確認ができる面の画像かコピーを用意しましょう。
健康保険証に住所が記載されていない場合は利用できません。
住所変更などがあって、裏面にも記載がある時は裏面も必要なので注意してください。

こういった書類がない場合、市役所などで発行できる印鑑証明書や住民票の写しでもクラウドバンクの口座開設はできます。

注意点!!
本人確認書類で顔写真がないものを利用する場合、補完書類も必要になります。

補完書類とは、「国税または地方税の領収証書」または「納税証明書」や、「公共料金の領収書」です。
顔写真のない本人確認書類でクラウドバンクの口座開設をする場合は、領収書なども保管しておいてください。

マイナンバー確認書類。

  • 個人番号カードの表面と裏面の両方
  • 通知カードの表面
  • 個人番号の記載のある住民票の写し

が利用できます。

こちらも先ほどの本人確認書類同様、氏名・住所の記載が必要になります。

銀行口座の情報が分かるもの

「通帳」や「キャッシュカード」があれば一番便利です。

そういったものがない「ネット銀行」をご利用の場合

  • 銀行名
  • 支店名
  • 口座番号
  • 名義人

が分かる画面のスクショでも利用できます。

最短5分で完了!インターネットだけで簡単に口座開設!

クラウドバンクの口座開設に必要な書類を用意したら、後は口座開設の手続きです。
公式サイトで最短5分で口座開設の申し込みはできます。

「クラウドバンクの口座開設」仮申し込みの手続き

メールアドレスとパスワードを入力、最後にメールマガジンを希望するかどうかを選びます。
これでクラウドバンクへの仮申し込みが終わりです。

先ほど登録したメールアドレスにクラウドバンクから口座開設のためのメールが届きます。

メールのURLをクリックすると「口座開設」のための情報入力画面に遷移します。

クラウドバンクの口座開設のために、個人情報を入力。

  • 氏名
  • 生年月日
  • 住所
  • クラウドバンクでの取引目的やきっかけ
  • 金融資産
  • 持ち家かどうか
  • 職業
  • 年収

などの入力が必要になります。

きわどい個人情報になりますが、これも審査に必要な情報です。
正確な数字を把握しておきましょう。

必要書類提出

必要書類を提出します。提出方法は3つあります。

  • メールで送付
  • 郵送
  • ネットで「アップロード」

から選ぶことができます。
スピードと手間のなさでは「アップロード」が一番ラクでした。

指示通りに、本人確認書類と銀行口座情報のアップロードをします。
「画像のアップロード成功」という画面がでたら完了です。

マイナンバー確認書類も同様に、画面の指示通りに画像をアップロードしましょう。
これで、クラウドバンクの口座開設手続きは完了です。

最短で1営業日!審査結果はあっという間

クラウドバンクの口座開設の手続きが完了したら、後は審査を待つだけです。

無事に審査が終わると、口座開設審査完了のお知らせがメールと郵送で届きます。

郵送は住所確認のために、簡易書留郵便で届きます。
不在の場合は受取できないので、不在通知などを確認して必ず受取ましょう。

この受取をきちんとしない場合、住所が確認できないのでクラウドバンクの口座開設はできません。
せっかく手続きをしたのに、口座開設できなかったということにならないように注意してください。

「クラウドバンク」口座開設に掛かる手数料

口座開設の手数料は無料!

クラウドバンクの口座開設や会員登録に手数料はいりません。
口座開設のための手数料は無料です。

クラウドバンクでの投資を悩んでいる人は口座だけ作っておくのもOKです。

ちなみに投資するための手数料もかからない

「株式投資」や「投資信託」などの場合、投資するのに売買手数料が掛かります。

ネット証券などでは手数料が安い証券会社もありますが、1回の「買付」「売付」で数百円の手数料がかかってしまいます。

でも、クラウドバンクで投資する手数料が無料です。
分配金として支払われる時も、運用期間が終了した時も、手数料は必要ありません。

「営業者報酬」という手数料が対象債権残高の2.0%(年率)に相当する金額を上限として支払われますが、こちらはもう差し引かれています。

クラウドバンクのホームページなどに記載されている目標利回りはこれが差し引かれた数字です。
そのため、改めて投資に対して支払う手数料は無料です。

「口座管理手数料」も掛かりません

クラウドバンクでは口座開設をしてから投資をしている間、口座管理のためや口座維持のための手数料も無料です。

もし、クラウドバンクで口座開設して何年もほったらかしにしておいても大丈夫。
ファンドに投資してなくても手数料は無料です。

「クラウドバンク」の入金出金手数料を無料にする方法

投資する際は「銀行口座」から「クラウドバンク口座」に「投資資金」を入金する必要があります。

銀行の「振り込み」手続きと同じ要領です。

銀行からの「振込手数料」を無料にする方法。

クラウドバンクに入金する場合、2つの方法から選ぶことができます。

  • 通常振込
  • 即時入金(インターネットバンクの契約が必要)

通常振込(手数料がかかる)

通常振込では、「クラウドバンクの口座」に「自分の銀行口座」から投資するお金を振込ます。
この場合、残念ながら手数料がかかってしまいます。

振込手数料は金融機関・振込金額によっては違います。

もし、クラウドバンクの入金に通常振込を利用するなら、事前に確認してみましょう。
金融機関によっては「〇回までなら振込手数料無料」などもあります。

通常振込したら反映されるまで時間が掛かります!

10時から16時の間で4回、クラウドバンクに反映されます。
振込をしたタイミングによって違うので、マイページなどで確認が必要です。

即時入金(手数料無料)

通常振込で振込手数料がかかるのはもったいない。速く投資したい。

こんな要望がある人にはクラウドバンクの即時入金がおススメです。

即時入金では、手数料無料で入金することができます。

クラウドバンクのホームページで即時入金する金額を入力。、金融機関のホームページに遷移するので、そちらで入金の手続きをします。

手続き後すぐにクラウドバンクの口座に反映されます。

>>クラウドバンクの入金は「即時入金」がおすすめ。詳しい内容はコチラ。

クラウドバンクの即時入金には提携金融機関があります。
都市銀行、地方銀行や信用金庫など幅広い金融機関が利用できます。
ご自分が利用している金融機関があるか確認してみましょう。

「クラウドバンク口座」からの出金(手数料無料)

投資したお金や、分配金を手元に戻したい時。クラウドバンクから出金することになります。
こちらの場合も、手数料は無料です。

15時前の手続きでしたら、最短で翌営業日には登録した金融機関に出金されます。

「口座申し込み」から「投資」するまで最短3日

クラウドバンクに入金されたら、後は投資をするだけです。

登録した個人情報などから審査はありますが、最短で3営業日後には投資をスタートすることができます。

募集中のファンドから、どのファンドにするか選んでおきましょう。

クラウドバンクの口座開設まとめ

「クラウドバンク」は元本回収率100%のリスクの少ない投資だと思います。

僕は貯金だと利率が良くないので「クラウドバンク」で約5%ほどの利率で運用しています。毎年数万円〜数十万円の配当を手にしているので、ボーナスを得てる感じです。

手間もリスクも「銀行預金」と同じなら始めたほうが良いと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

普通のサラリーマン。だが投資額は1,000万円を超えている。

投資でお金を増やすことに興味はあるが、常にチャートや
売買取引をするのが面倒なので「ほったらかし投資」を実践

年間で数十万の利益は出している。

投資経験のない初心者や、経験はあるがガッツリやったことの
ない初級者向けに「ほったらかし投資」のやり方と実績を公開

コメント

コメントする

目次
閉じる