仮想通貨のガチホって?ガチホが最強の投資法である理由

仮想通貨をガチホする。その意味は「仮想通貨をガチ(本気で)ホールド(保有する)」という意味です。簡単に言うと仮想通貨の長期投資のことです。

仮想通貨は「価格の乱高下が激しいためリスクが高め」ですが、そのリスクを低減させる「投資方法」がガチホです。

この記事では「仮想通貨をガチホ」する上でのメリットや「ガチホ」に最適な「仮想通貨取引所」を紹介します。

仮想通貨投資を考えてる人は、損しないために知っておくことなので参考にして下さい。

目次

なぜ仮想通貨はガチホが最強なのか

仮想通貨は長期の目線で見れば、価格の上昇が大きいと考えられています。理由としては

  • 決済手段として採用が増えている
  • 金の代替え資産になっている
  • 送金手段と考えられている

があります。

なので、安いうちに買って長期でガチホしていれば、価格は上がって大きな利益が出ます

決済手段として採用が増えている

ビックカメラで「ビットコイン」決済ができます。「お金」のように実生活で使えるので信頼性が増しています。

さらに「偽造できない」「二重支払いがない」というのも信頼される理由です。

ビットコインは取引があればブロックチェーンに書き込まれますので、「偽造」「二重支払い」は確実に起こりません。

「信頼性」が担保されるので、より実生活で「お金」の代わりとして使用されると「草コイン」と言われる、ほぼ価値のない仮想通貨でも「利用価値」が出てきて、価格がグッと上がります。

草コインとは

時価総額も少なく、知名度も小さな仮想通貨。

金の代替え資産になっている

「金」は「希少性」や「偽造」ができない特徴があり、ビットコインも発行枚数の上限があり「希少性」があり、ブロックチェーン技術により「偽造不可」です。

世界中の投資マネーは投資先を探しています。「株」「債券」「通貨」「不動産」。

でも「戦争」「インフレ」「自然災害」など起こる「投資マネー」は安全を求めて「金」に流れてます。「有事の金」と言われてます。

それが「ビットコイン」だと「金」の代替になると言われており、価格の安定性が増すので「ガチホ」に向いてる理由です。

送金手段として考えられている

「国」と「国」を跨ぐお金のやり取りが発生する場合、たとえば日本の企業がアメリカの企業から「小麦」を購入すると「代金」は銀行と通じて支払います。その時に多くの手数料が取られます。

  • 日本の銀行で「送金手数料」を支払う
  • 中継する銀行に「中継手数料」を支払う
  • 受け取るアメリカの銀行に「受取手数料」を支払う

ほか「リフティングチャージ(手数料)」などもかかります。しかも、複数の銀行を経由するので支払いまでに時間が掛かります。

これが仮想通貨だと大して時間も掛からず、数十円の手数料で送金できます。

大きな利便性向上になるので、仮想通貨の利用価値も上がると考えています。

少額で購入でも「億り人」の可能性があるのが「仮想通貨のガチホ」

「ビットコイン」が初めて値がついたときは「1BTC=0.07円」でした。3000円分買ったら、それなりの量の「ビットコイン」を保有できます。

もしそれが大きく値上がりしたら、利益額が訳分からない金額になります。

「1BTC=0.07円」→「1BTC=2,889,997円」(2022年6月25日現在)

3000円➗0.07円=42,857.14BTC(←保有してるBTC)

1BTC=2,889,997円とすると

42,857.14BTC✖️2,889,997円=123,857,006,028円(←ワケわからない金額になる)

ビットコインの価格高騰は特別じゃない

たまたま「ビットコイン」だけ値上がりしただけでしょ?と思うかも知れません。

XRP(リップル)は「1XRP=0.4108円」が最大「1XRP=343.89円」になりました。

XLM(ステラルーメン)は「1XLM=0.3552円」が最大「1XLM=100.59円」になりました。

ビットコインほどでなくても、これくらいの値上がりしている仮想通貨はゴロゴロあります。

少額で買えるのは重要なこと

実は「少額」で買えるのは重要で「仮想通貨」はそもそも価値があるか判断しずらいので最初は「1円」にも満たない価値しかないことが多いです。

たとえば、その時3000円分買ったとすると「大量に仮想通貨」を買うことができます。

これが重要で「少額」で「大量に買える」からこそ、「大きな上がり」した場合に儲けがハンパなくなります。

仮想通貨で大きな利益を得るには「安い時」に「少額の投資資金」で「大量」に買うことがポイント!

仮想通貨のガチホは「買って」「保有」するだけ初心者向き

「仮想通貨のガチホ」は仮想通貨を買って保有するだけなので、難しいことはありません。株みたいに「価格が下がってるけど今、買い時かな?」とか迷うことはありません。

将来の値上がりを待つだけなので、「買った直後に下がる」心配もしなくてOKです。

投資は怖いなって人は記事を読んだ報酬でビットコインがもらえる「cheeese(チーズ)」というアプリがあります。下のバナーをクリックすればアプリがダウンロードできるので、ぜひ試してください。

cheeese

仮想通貨のガチホで儲けるコツ

たくさんの種類を購入しておく

「ビットコイン」はかなり高額になってますが、1円にも満たない「仮想通貨」はたくさんあります。少額で購入できるので、たくさんの種類を購入しておくのがベストです。

どの「仮想通貨」が将来値上がりするかわかりません。多く持つことが「億り人」になる可能性を高めてくれます。

貸出をして金利をもらう

「仮想通貨」は貸出して「金利」をもらうことができます。「レンディング」と呼ばれています。

「レンディング」を目的に「仮想通貨」を保有する人は少ないです。貸出は一定期間、引き出せないので貸出中に「価格の暴落」があると売却できないからです。

また、貸出できることを知らない人が多いです。

貸出で「金利」をもらうには「仮想通貨取引所」に「仮想通貨」を預ける必要があります。

仮想通貨のガチホに向いている銘柄

僕の持っている仮想通貨になりますが、初心者がとりあえず始めやすいオススメを3つ紹介します。

  • ビットコイン(BTC)
  • ダイ(DAI)
  • ジム(XYM)

ビットコイン(BTC)「1BTC=200万円代なら買いタイミング」

すでに値上がりしてるので、大きな利益は狙えませんが、「2倍〜3倍」は充分に狙えます。ビットコインはボックス相場で推移すると考えてます。

下限が「200万円台」上限「700万円台」の間で動くかなと思ってます。「200万円台」なら買いタイミングです。

ビットコイン(BTC)は「貸出」で利子をゲット

「ビットレンディング」で貸出すると8%の利子がもらえるのでオススメです。

また他の取引所でも「レンディング」できる通貨として取り扱いが多いので、ガチホ向きの通貨です。

>>初心者にはハードルが高いかもですが、PancakeSwap(パンケーキスワップ)で稼ぐ方法もあります。はじめるには海外の取引所の口座開設や「メタマスク」というウォレットの操作が必要になります。高利率で運用できるのでPancakeSwap(パンケーキスワップ)での運用もいいかもです。

ビットコインのガチホのやめどき

ガチホしても「売りるタイミングがわからない」という声をよく聞きます。

売るタイミングはこれと言った決まりはありませんので、僕が基準にしている売りタイミングがあります。それを別記事にしているので参考にしてください。

ダイ(DAI)

ダイ(DAI)はステーブルコインと言って価格が安定するように設計された仮想通貨です。今後、決済手段として使用される可能性を含んでいます。

利便性が上がると利用者が増えるので価格も安定してくると考えてます。

この仮想通貨も「ビットレンディング」で貸出すると8%の利子がもらえます。

ジム(XYM)

ジム(XYM)はビットコインより処理速度が速く、ビットコインで問題視されたスケーラビリティ問題が解消されると言われています。

スケーラビリティとは・・・

取引が増えていくとブロックチェーンのサイズが大きくなり、処理に時間が掛かり送金が遅延する現象

また高セキュリティなので決済やアプリ開発など色んな分野で利用が検討されている。

ガチホするならセキュリティのしっかりしてる取引所を

仮想通貨をガチホするなら「セキュリティ」のしっかりしてる取引所を選ぶのが鉄則。仮想通貨はただのデータなので、セキュリティがしっかりしてないと仮想通貨が盗まれます。

コインチェックのNEM(ネム)流出事件は有名です。今はセキュリティ対策をして安全ですが、取引所選びでは安全性を重要視した方が安心です。

初心者が始めるのにオススメ取引所

  • Coincheck(コインチェック)
  • GMOコイン
  • ビットポイント

僕がそれでも「コインチェック」を選んだ理由

僕はコインチェックを使ってます。

NEM(ネム)の流出事件があったのになぜと思われますが、逆に安全と考えました。

大きなトラブルを起こすと企業は信頼回復のため、資金と人材も惜しみなく投入します。なのでコインチェックはセキュリティが大幅に向上したと考えてOKです。

「仮想通貨のガチホが最強」のまとめ

仮想通貨はガチホするのが最強の投資法ということがわかりました。

ガチホは「長期間、保有する」ということ。

長期的に見れば価格上昇が見込める。その理由とすれば

  • 決済手段として利用が考えられている
  • 金の代替え資産として考えられている
  • 海外への送金手段として考えられている

ことがあります。

ガチホで儲ける方法としては

  • 長期保有で値上がりを待つ
  • 「レンディング」を使って金利収入を得る

の2つです。

特に「レンディング」は「ビットレンディング」であれば「ビットコイン」「ダイ」は8%という高利率で金利がもらえるのでお得。

価格の暴落など投資するには少し勇気のいる仮想通貨ですが、少額ではじめて将来に大きなリターンを得られる可能性は高いと考えています。

価格が低いうちに仕込んでおかないと、高騰してからでは大きなリターンが見込めません。少額でいろんな仮想通貨に投資してガチホしておきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

普通のサラリーマン。だが投資額は1,000万円を超えている。

投資でお金を増やすことに興味はあるが、常にチャートや
売買取引をするのが面倒なので「ほったらかし投資」を実践

年間で数十万の利益は出している。

投資経験のない初心者や、経験はあるがガッツリやったことの
ない初級者向けに「ほったらかし投資」のやり方と実績を公開

コメント

コメントする

目次