仮想通貨やめとけには理由がある。大損した人がやらなかったこと。

・仮想通貨に興味がある。 
・周りから「やめとけ!」と言われて不安。
 ・始めたいけど、仮想通貨って何? 

「仮想通貨」を始めたくても、よく分からなくて不安ですよね? 

「仮想通貨」は「通貨」と異なる特徴を持っています。そのため、知らずに始めると「ハッキング被害」や「暴落」に遭遇してしまうこともあります。 

そのため、この記事では「仮想通貨」を詳しく知らない方に 

  • なぜ「やめとけ」と言われるのか?
  • 「仮想通貨」の仕組みを説明しながらリスクを解説

して、過剰な反応に振り回されず、本当のリスクがわかる様に解説します

また、初心者が大きな失敗をしない方法も紹介しているので参考にしてください 

目次

なぜ「仮想通貨はやめとけ」と言われるのか? 理由は3つ

「仮想通貨」に興味がある、と伝えると「やめとけ!」と言われた人も多いと思います。

では、なぜそれほど警戒されるのでしょうか? 大きく3つ理由があります。

そもそも仮想通貨の仕組みが分かっていない 

単純に「仮想通貨」がどのようなものかを知らずに「やめとけ!」と言っている。 

ビットコインが始まったのは2009年で仮想通貨はこれまでと異なる新しい通貨です。なので仮想通貨への投資経験がある人が少なく、よく分 からない人が根拠なく「やめとけ」と言ってるだけ。 

なので気にしなくてOKです。

「仮想通貨への投資経験がある人かない人」を見分ける方法

  • 「取引所」はどこを使ってます?
  • 「ビットコイン」と「イーサリアム」以外におすすめの通貨あります?

って聞いてください。

これに答えられなかったら経験がない人と判断して大丈夫です。

「ハッキング攻撃」と「取引所の破綻リスク」があるから。 

「仮想通貨」の投資経験がある人がよくいいます。リスクに関することですね。

取引所には巨額のお金が集まります。そのため、セキュリティの甘い取引所がハッカーの的と なることがあります。(仮想通貨自体は、ブロックチェーンという技術を使用しているため流出しにくいです。) 

実際にいくつかの事件が起こっています。

2014年の「マウントゴックス事件」 

「マウントゴックス」という取引所がハッキングを受け、ビットコインが1/10まで価格が暴落してしまっ た事件。 マウントゴックスはこの事件により、取引所の破綻に追い込まれました。 

残念ながら、取引所の口座に保管しておいたビットコインは返金されません。これらの事件を受 け、仮想通貨取引所のセキュリティはさらに強化されていきました。 

下の報道発表記事はマウントゴックス社が出した内容です。(公式ページで確認できます

日本の取引所「コインチェック」での入手つ事件

日本でも、仮想通貨取引所がハッキング攻撃を受けたことがあります。 

2018年:コインチェックで約580億円分の仮想通貨「NEM」が流出 

「仮想通貨」というデジタル通貨なのでどうしてもハッキングの標的にされやすいです。

「仮想通貨」を使用出来る機会が少ないから 

「仮想通貨を始めても使う機会がない」と考える方も多いです。ほとんどの方は仮想通貨を「投資」として考えてますが、一部の人は「支払い」に使おうとしています。

こう言う人は「不便」なのでやめておけといいます。「仮想通貨」で支払える店は少ないです。

例えば、ビットコインが使えるお店。 

  • ビックカメラ
  • ソフマップ
  • コジマ
  • HISなど

しかし、店舗ではまだまだ浸透していないため「やめておけ」と言われる理由になっています。

結論:たいした「理由」じゃないので気にしなくていい

「仮想通貨はやめとけ」と言われる理由は大したことはないのがわかりました。

でも、「仮想通貨」に投資する上で注意しないとダメなことはありますので、「仮想通貨」の仕組みを説明して「投資」する上での注意点を解説していきます。

そもそも仮想通貨とは ?

仮想通貨の仕組みを説明して、実際のリスクを見ていきましょう。 

「仮想通貨」は「法定通貨」と違う

法定通貨 
私たちが日常で使っている、円やドルなどの通貨です。各国の中央銀行(日本では、日本銀行) が発行や管理をしています。 

「支払い手段(決済手段)」として考えられている。

仮想通貨 
各プラットフォームの開発者が発行した通貨。ブロックチェーンという技術で管理しています。 現在はまだ法的な保証がなく、法定通貨の交換媒体、という定義です。 

「投資」の対象として考えられている。

「投資」の対象なので資産価値が上がったり、下がったりします。

価格変動の大きさ 

「株」や「仮想通貨」は、その時の需給に合わせて価格が変動します。「株」に比べて「仮想通貨」はその価格変動が激しいという特徴があります。 

「株式」ではリーマンショックやコロナショックのような大きな出来事の際に、30〜50%したことがあります。しかし、仮想通貨では、平常時でもこの程度の値動きをします。1日で10%程度の変動はよくあります。 

しかし、暴落とは一時的なものであり、その後は緩やかな上昇フェーズへと入っていきます。有名な仮想通貨は、長期的に見ると大きく価格を伸ばしています。 

参考までに、ビットコインは3年間で価格が12倍。数年単位で保有することで、大きな利益が得られます。

2018年11月16日が「620,925円」でした

2021年11月12日が「7,337,059円」で約12倍に増えています。

また、仮想通貨が流行っているということで、期待値が高くなっています。そのため、著名人(イーロンマスク)など の発言で大きく価格が動いてしまうこともあります。 

仮想通貨を守るブロックチェーン 

「仮想通貨は「ブロックチェーン技術」で保護された暗号資産です。」と言われても、理解するのは難しいです。 

ブロックチェーンを簡単に言うと

  • ブロック=「取引履歴」のカタマリ
  • チェーン=「繋いでいるもの」

その「取引履歴」は1箇所でなく、複数に色んな人がサーバーで管理しています。

例えハッキングしてデータを改ざんすることが出来ても、みんなが管理しているので、一人だけ改ざんしても間違っていると判断され、安全が担保できます。

イメージとしては100人がそれぞれ取引履歴を管理。一人だけ改ざんして数値を変えたとしても99人の答えが一緒なので、改ざんした一人は間違っていると判断されます。

また、分散して保存されていることで、サーバーダウンを起こしにくくなります。どこかがダウンし ても、他が動いていれば問題なく稼働するんですね。 

つまり、 

  • 分散された「取引履歴」をみんなで監視
  • 分散しているからシステムダウンがしない

こういった方法で安全性が保たれています。 

「仮想通貨」を購入する時の対策 

時価総額の大きな通貨を選ぶ 

信用度の高いコインを購入がおすすめ。 

市場での需要が大きくて、安定した取引が可能な仮想通貨は時価総額が高くなります。逆に時価総額の低い仮想通貨では、価格変動が大きくなり、流通量が少ないために好きな時に、売買出来なくなるリスクがあります。 

価格変動が大きければ一攫千金の夢はあります。でも初心者にはおすすめできません。まずは、価格変動の落ち着いたものを購入する方がおすすめです。

時価総額の大きな仮想通貨は 

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)

があります。 

どちらも信用度の高い「仮想通貨」です。

セキュリティのしっかりした大手の取引所を選ぶ 

サイバー攻撃によるハッキングや、取引所の破綻によって仮想通貨を失わないためにも、セキュ リティのしっかりした取引所を選びましょう。 

セキュリティが強化されている取引所: 

  • CoinCheck(コインチェック)
  • BitFlyer(ビットフライヤー)
  • DMM Bitcoin(ディーエムエムビットコイン)
  • GMOコイン(ジーエムオーコイン)

これらのの取引所では、「二段階認証」や「SSL暗号化通信」、顧客資産の分別管理がされています。さらに取引所独自のセキュリティ強化もあります。 

また、取引所の運営のバックに、資金力のある大手企業がついていることもあります。破綻や ハッキングの損失の際の対応がきっちりしてるので安心材料です。

「少額積立て」ではじめる 

初心者の方には、数100円からの積立投資がおすすめ。 

仮想通貨には、数100円などの少額から購入できるというメリットがあります。国内株式であれば、 100株単位で数10万円から。米国ETFでも、数万円からの購入というのが一般的です。 

この「数百円」を毎日もしくは 毎月購入することにより、暴落や高騰に振り回されずに安定して購入します。

これをドルコスト平均法といいます。一度に購入するのではなく、毎回数ドルずつ購入する方法です。タイミングを気にせずに、最終的にしっかりと利益を確保することができます。 

「仮想通貨はやめとけ」のまとめ

「仮想通貨はやめとけ」と言われる理由 

  • 仮想通貨について詳しくない
  • セキュリティが原因の事件が起こった
  • 実際に決済で使う場面がすくない

なので、とくに心配する必要がない。

ただ、「リスク」はあるので注意点がある。

  • 時価総額の大きな仮想通貨を選ぶ
  • セキュリティのしっかりした取引所を選ぶ
  • 少額の積立ではじめる

というお話をしてきました。 

仮想通貨はこれから成長の期待できる投資先です。しかし、セキュリティを疎かにしてしまうと、とんでもないことに遭遇する可能性もあります。

正しい理解でお金を守り、仮想通貨で大きな利益をあげましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

普通のサラリーマン。だが投資額は1,000万円を超えている。

投資でお金を増やすことに興味はあるが、常にチャートや
売買取引をするのが面倒なので「ほったらかし投資」を実践

年間で数十万の利益は出している。

投資経験のない初心者や、経験はあるがガッツリやったことの
ない初級者向けに「ほったらかし投資」のやり方と実績を公開

コメント

コメントする

目次
閉じる