クラウドクレジットのカメルーンファンドが遅延や回収終了。9割元本割れ

クラウドクレジット カメルーン

・「クラウドクレジット」で調べると「クラウドクレジット カメルーン」が出てくるけど何?
・元本が毀損してるってホント?

クラウドクレジットを調べると、怪しそうな”関連ワード”「クラウドクレジット カメルーン」が出てきます。

損失が出ているのか?投資を考えている人は不安になると思います。

クラウドクレジットの公式ページで報告はされてますが、少し内容が掴みづらいです。

この記事では「クラウドクレジットのカメルーンファンド」を噛み砕いて全貌を解説していきます。

目次

ほとんどのファンドで貸し倒れが発生している。

出典:クラウドクレジット公式ページ

2021年8月23日、クラウドクレジットからカメルーンファンドに関する回収作業を終了する報告がありました。

>>「クラウドクレジット公式サイト」のカメルーンファンド回収終了のレポート

とりあえず回収作業終了なので、お金返ってこないこと確定ですね。

カメルーン関連ファンドがデフォルトに至った経緯

詳細についてはクラウドクレジットの杉山社長が動画で語っています。

経緯を簡単にまとめると

1.投資先の企業からは回収業務は順調との報告
2.カメルーンの海外出金規制あった
3.クラウドクレジットが残り4億8千万の元本返済の認識、しかしカメルーンの投資先は残り1億5千万との認識
4.クラウドクレジットの担当者がカメルーンに行き、先方と打ち合わせも向こうの認識変わらず
5.カメルーン側の企業の人件費など資金の貸出先からの回収費用が1億9千万掛かっていると報告があり
6.認識違いの差額3億3千万から人件費等を引いた1億4千万が未回収との認識をクラウドクレジットは持っている。

これをみて何が問題か理解できませんでした。

  • なぜ認識違いが起こるのか?
  • そもそも認識違いって何?
  • 回収の人件費等は適切な金額?(向こうの言いなり?)

結局動画を見て、貸し倒れがと言いつつ原因は運用にも問題があったと感じました。

カメルーン関連の9割が元本割れ

カメルーンに関するファンドの9割が元本割れとなりました。

これってどうなんですかね。1割、2割ならそう言うこともあるよね、リスク高めの投資だしってなりますが、、、

そもそも投資先の審査に問題があったと感じました。

色んな証券会社の投資商品を見ましたが、カメルーンに投資する案件はなし。推測ですが発展途上国は資金の返済や契約の履行に関したきっちりしてない、だから資金回収の難しさがあるのではと推測します。

法的措置を取らないのか?

こういう場合は良く訴訟をします。正直、訴訟をしたからといって金が返ってくることがあるのか知りません。
今回のカメルーンファンドについては、クラウドクレジットで下記のように発表されてます。

要するに

  • 裁判しても勝訴の可能性は高くない
  • 勝訴しても回収できない可能性がある。
  • 裁判する費用が高額になる、と顧問弁護士からのアドバイスあり。

なので資金回収活動をやめます、と書かれています。

元本保証ではないので、ファンドの運営会社(クラウドクレジット)が回収業務を終了と言えば終わりです。
投資家としては、全額回収しろ!と思います。
でも、その回収にもコストが掛かるので、結局諦める選択肢しか残りません。
これは運用を任せてるので仕方ない事です。

カメルーン関連のファンド損害状況

僕自身のカメルーンファンドの損害状況は、正直ほぼありませんでした。
元本が減ることはなく、予定していた配当が減っただけです。

>>カメルーンファンドの損害状況はこちらの記事で公開しています。

今回の件は新興国への投資なので、起こる可能性はあったと思います。
なので、それを承知の上で投資しないといけません。
ポイントとしては投資額を抑える

  • 余裕資金で投資する
  • 分散投資にする(他のファンドにも投資しておく)

簡単に言うと、「最悪減ってもいいわ」というお金で、少額だけで投資する。損害が出ても最少にとどめつつ、上手く行けば高い利回りが手にできる、ということです。

投資をしてるので、お金が減る可能性はあります。そのときどれだけ被害を少なくする対策を講じて投資するのが、リスクマネジメントです。

きっちりポイントを抑えて投資すれば、それほどビビる必要はありません。

上手くやればこれだけの利益は出せます。

投資にリスクは必ずある

「投資にリスクはつきもの」頭ではわかっていても実際に投資するときは、利益が出ることばかり考えてます。

仕方ないことですが、どんなリスクがあるのかは把握しておく必要があります。

別の記事に「投資のリスク」について、まとめてますので参考にしてください。

>>「投資のリスクの種類」リスクの詳細について解説はコチラ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

普通のサラリーマン。だが投資額は1,000万円を超えている。

投資でお金を増やすことに興味はあるが、常にチャートや
売買取引をするのが面倒なので「ほったらかし投資」を実践

年間で数十万の利益は出している。

投資経験のない初心者や、経験はあるがガッツリやったことの
ない初級者向けに「ほったらかし投資」のやり方と実績を公開

コメント

コメントする

目次
閉じる